大阪府八尾市にある歯医者「なかの歯科」です。一般歯科をはじめ小児歯科・矯正歯科・ホワイトニングなどの治療などを行っております。


インプラント(人工歯根) 歯が抜けてお悩みのあなたへ!
インプラントとは?インプラントQ&A安心してインプラントの治療を行うためインプラントの手順無料カウンセリング




インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
そこで、治療前に病院でCT撮影を行うようお願いしています。病院でCT撮影を行い、当院で、最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を使用して、あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。


歯医者さんでよく行うX線撮影は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、あごの骨の硬さや形を調べることが重要になります。あごの骨の状態は、骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、あごの病気や神経の位置なども調べることができます。


提携している近くの病院に、歯医者さんから予約を入れてもらい、病院に撮影に行きます。
CT撮影時間は数10秒ですが、全体の時間は、撮影した画像データの作成時間を入れて約30〜1時間とお考えください。
撮影の前に、お食事をなさっても構いません。


CTで撮影した画像は、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)に取り込まれ、コンピュータの画面上であごの骨の状態を見ることができます。
この画像を見ながら、歯医者さんが治療方法をわかりやすくご説明いたします。

この画像は、骨の状態をどこでも見たい位置で見ることができ、歯医者さんはこの画像を使って手術の前に計画を立てます。



SimPlant
SimPlant(シムプラント)とは、ヨーロッパで開発された最先端のインプラント治療計画システムです。
当院では、安全性と審美性を第一に考え、シムプラントを活用してより安心なインプラント治療を行っています。