大阪府八尾市にある歯医者「なかの歯科」です。一般歯科をはじめ小児歯科・矯正歯科・ホワイトニングなどの治療などを行っております。


歯を一生大切にしましょう

 


院長のこつこつブログ
【 院長プロフィール 】
 
昭和47年10月、大阪市で生まれる。
大阪教育大学付属平野高校を経て、
大阪歯科大学に入学。
 
卒業後、大阪市旭区「としもり歯科」で副院長として勤務。
平成15年5月、八尾市南木の本にて『なかの歯科』開院。

・日本歯科審美学会会員
・日本口腔インプラント学会会員

【 院長から皆様へ 】

ひとりごとをできるだけ毎日書くのでご覧ください。
僕の人柄をご理解いただければ幸いです。

治療全般何でもできますが、小児歯科・ホワイトニングを
得意としています。
 
お子様においては、一生ものの歯ですから
小さい頃からきちんとケアしておくことを
オススメ致します。

モットー: できる限り痛くない治療を心掛けます。
補足: 定期検診でむし歯を事前に防ぎましょう!
【 院長ってこんな人 】 
大阪市平野区出身。
 小さい頃から手先が器用で、絵を書くのが大好きだった。授業中も
教科書の余白にマンガを描き、先生によく怒られる。
 どちらかというと外で活発に遊ぶより、図鑑や本を読むのが好きな
タイプ。しかし人を笑わせることが得意で、クラスの文集では『おもし
ろい人』部門で1位になる。しかし、『かっこいい男子』部門には一
度もノミネートされず。
 中学では水泳部に入る。なぜか水泳は昔から得意だったため、部
活は真面目にする。勉強も真面目に頑張り、見事付属高校へ進学する。
 高校ではギターに出会い、軽音楽部へ。バンドを結成し文化祭に
参加。ブルーハーツのコピーバンドでギターを担当した。
髪型をモヒカン刈りにしたり、ゴムぞうりで学校へ登校、トースターを
持っていき教室内でパンを焼くなど、自由な学園生活を謳歌する。
その甲斐あって、成績は見る見る急降下。入学時は学年内で真ん中
より少し上だった成績が、あっという間にビリから5〜6番に。
 そしてお決まりの浪人生活へ。
両親に迷惑をかけるが、その後大阪歯科大学に入学。
 大学時代はラグビー部に所属し、またもや部活三昧に。大学時代も特に
勉強熱心というわけではなかったが、無事留年せず国家試験に合格。
 卒業後、大学の先輩である利森先生の元で歯科医としての修行を積む。
ここでは治療だけでなく、歯科医師としてまた、一社会人としての心構えを
みっちりと叩き込まれる。またインプラントや歯周外科の勉強会にも頻繁に
参加させてもらい、様々な知識を吸収する土台が作られる。
 としもり歯科は夜9時まで診療しており、毎日帰るのは終電近くと、かなり
の激務であったが、ここでの経験が、今の体力と根性をつけてくれたと思
われる。
現在も、患者さまによりよい治療を受けていただくためにいろんなことに
チャレンジ中!
好きな言葉は、アントニオ猪木氏の『人は歩みを止めたときに老いていくもの
だと思います。迷わず行けよ、行けばわかるさ!』