大阪府八尾市にある歯医者「なかの歯科」です。一般歯科をはじめ小児歯科・矯正歯科・ホワイトニングなどの治療などを行っております。


歯を一生大切にしましょう
小児歯科TOP真珠のように輝く白い歯歯の大敵「むし歯」は恐くない健康な歯をつくる子育てのポイント
フッ素とシーランとについてお母さんと子供の歯のケアについて年齢別ケアと食管理のポイント年齢と歯並びについて

フッ素とシーランとについて
 
1才半過ぎたら3ヵ月毎に小学2年生までつづけましょう!
おとなの歯に比べてムシ歯になりやすい子どもの歯。ムシ歯になるまえに予防しましょう。
1歳半ぐらいになったら、3ヵ月ごとに歯科検診を受け、フッ素をぬってもらってください。
ムシ歯になりやすいお子さんには、シーラントも有効です。
 
フッ素について
虫歯になりやすい歯の間と根元、噛み合わせの溝の3つのポイントを強化!
食後は必ず口内常在菌の作用でお口の中のPHが酸性になります。
唾液はそれを弱アルカリにもどす作用があるのですが、歯間や根元の歯肉縁には効果が弱く、そのままでは唾液中のCaイオンによる再石灰化が起こりにくいのです。
そこで再石灰の時に重要な要素として働くフッ素イオンを用います。
Caイオンのかわりにフッ素イオンを取り込んだ歯質は脱灰作用に対して強い抵抗力を示すのでムシ歯になりにくいのです。

ただし、フッ素は医師の指示のもとで行うようにしましょう。
乳歯が生え始めたらいつでもOKです。3ヵ月ごとに、8歳ぐらいまでは続けるといいでしょう。
 
 
シーラントについて
奥歯の噛み合わせの溝をまえもって埋めてしまおう!
奥歯には溝があり、食べかすやバイキンがたまりやすいのです。
生えたばかりの歯は、溝が深く、そこからムシ歯になりやすいので、その溝のなかをそうじしてバイキンがはいらないようにフッ素の入った樹脂でうめます。
乳歯から行うといいのですが、6歳前後に生えてくる6才臼歯(第1大臼歯)は特に、生えてくるのに時間がかかり、歯肉に隠れている所がムシ歯になりやすいのでこの時期の間食後の手入れは大切ですし、3ヵ月毎にフッ素コート、完全にはえてきたら、予防のためにシーラントしましょう。
 
この時期はまだまだ親のチェックも必要です。
必ずフロスは毎日、親がやってあげるといいでしょう。3ヵ月毎のクリニックケアもかかせません。