大阪府八尾市にある歯医者「なかの歯科」です。一般歯科をはじめ小児歯科・矯正歯科・ホワイトニングなどの治療などを行っております。


歯を一生大切にしましょう
小児歯科TOP真珠のように輝く白い歯歯の大敵「むし歯」は恐くない健康な歯をつくる子育てのポイント
フッ素とシーランとについてお母さんと子供の歯のケアについて年齢別ケアと食管理のポイント年齢と歯並びについて
 
健全な歯をつくる子育てのポイント
 

おなかに赤ちゃんがいるとき
栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

母乳を中心に育てる
乳を吸う運動は、噛む運動の基礎になります。
出来るだけ母乳で育て、人口栄養(粉ミルク)に頼り過ぎない
ようにすることが大切です。

離乳食がとても大切
栄養バランスのよい食事を心がけます。
味付けは薄く、甘いものを与え過ぎないようにしましょう。

乳歯を大切にする
乳歯は、永久歯が健全で正しい歯ならびで生えるためのリード役です。
生えかわるからと、安心してはいけません。むし歯や歯並びには
普段から注意してください。

2歳過ぎたら指しゃぶりをなおす
2歳すぎても指しゃぶりがなおらないときは
歯ならびや顎の形に影響を与えますから
徐々になおしていきましょう。

規則正しい生活習慣を身につける
早寝早起きの習慣を身につけることで
楽しく毎日の食事が出来るようになります。

栄養バランスのとれた食事を
歯のためによい、カルシウムやその他の栄養バランスのとれた食事にする。
歯ごたえのある食べ物を多くしましょう。

おやつは時間と量を決めて
おやつは、3回の食事でとりきれない栄養を補います。
甘いお菓子やスナック菓子、ジュースや清涼飲料水ばかりに
頼らないようにしましょう。

よくかむ習慣を身につける
栄養を全身に送るためにスタートは、食べ物をかみ砕いて
飲み込むことからはじまります。よく噛むことが、
健康な体づくりのスタートです。
よく噛むことで、歯は丈夫になり、顎の発達を促します。

歯みがきの習慣を身につける
歯が生えたら、すぐ歯ブラシに慣れるようにします。
また食事のあとはできるだけ歯を磨くようにしましょう。
自分で歯を磨くようになったら、最初はお母さんが仕上げ磨きを手伝って下さい。